忍者ブログ

地熱エネルギーlife7s

太陽光パネルは近所迷惑?

空き地を利用したメガソーラーがブームだが、
思わぬ落とし穴があるようだ。

九州に住むAさん(仮名)は、
近隣に出来たメガソーラー施設に苦言を漏らす。
かつてAさんの住む地区は郊外の住宅街として人気があった。
しかし住宅開発が予定されていた広大な土地を業者が買取り、
メガソーラー施設の建築が始まってから生活環境が変わったという。

問題となっているのは自宅に向けられたソーラーパネル。
朝日が昇るとともにパネルに太陽光が反射し、
窓から室内に向けて直射日光が飛び込んでくる。
Aさんのお宅はリビングの窓がパネルに向いており、
天気のいい朝は目を開けられない程まぶしいという。

さらに窓際の温度は反射する日光により上昇。
夏場はなんと50度近くまで上昇したという。
エコでクリーンなイメージがあるソーラー発電だが、
近隣に施設が建設される際は十分に注意したい。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R