忍者ブログ

地熱エネルギーlife7s

ニキビの予防・改善のためにたくさん食べたい緑黄色野菜

化粧品を使ってのニキビケアもありますが、外からだけでなく食べもので内側から改善していくことも大切です。特に無理な食事制限をしている方や偏食傾向の方は、食事を見直すだけでもニキビが改善するケースがあります。

ニキビ改善のためにたくさん食べたい食材が緑黄色野菜です。緑黄色野菜とは、100gあたり600μg以上のβカロテンを含む野菜のことをいいます。緑黄色野菜には、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、菜花などがあります。



体内に吸収されたβカロテンは、必要なだけビタミンAに変換されます。ビタミンAは脂溶性ビタミンで排泄されにくいので、サプリメントでの摂取の場合は過剰摂取の心配がありますが、緑黄色野菜からβカロテンとして摂った場合は必要なだけビタミンAに変換されるので、過剰摂取の心配がありません。

ビタミンAには、ターンオーバーを促したり皮膚や粘膜の潤いを保つ働きがあります。ニキビの原因は毛穴のつまりです。肌が乾燥したりターンオーバーが乱れると、毛穴がつまって毛穴内部に皮脂がたまりやすくなり、皮脂がたまることでニキビができます。

ビタミンAはターンオーバーを整え潤いを保つので、毛穴のつまりを解消してニキビを予防・改善します。βカロテンが多い野菜は、かぼちゃ、ほうれん草、人参などです。油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。

お肌の話  こくぶクリニック皮膚科形成外科
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R